ニュース
» 2012年12月26日 19時30分 UPDATE

ビッグデータ活用事例:東芝、HDDの故障を事前に検知する技術を開発

東芝は、蓄積したHDDの稼働データをもとに、HDDの故障を事前に検知できる技術を開発した。企業向けノートPCの管理ツールとして商品化を目指すという。

[池田憲弘,ITmedia]

 東芝は12月26日、HDDの読み取りエラー回数や稼働時間などのデータをもとに、HDDの故障を事前に検知する技術を開発したと発表した。同社製企業向けノートPCの管理ツールである「東芝スマートクライアントマネージャー」の新機能として、2013年度中の商品化を目指す。

 この技術は、同社製ノートPCにプリインストールされている「東芝PCヘルスモニタ」(PCの使用状況を記録、管理するソフト)で収集した166万台分のHDD稼働データや、修理センターに持ち込まれる故障したHDDのデータを利用して開発した。解析した750種類以上のHDD稼働パターンを参考に、故障が発生しやすい期間を予測し、データをバックアップする頻度を増やすといった対策が行えるという。

 同社は、2013年1月8日から米ラスベガスで開催される2013 International CESにおいて、本技術の展示を行う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.