ニュース
» 2013年01月09日 15時23分 UPDATE

ダイヤテック、有線/無線のどちらでも使えるCherryキー採用メカニカルキーボード「Majestouch2 convertible」

ダイヤテックは、Bluetoothワイヤレス接続にも対応したメカニカルキーボード「Majestouch2 convertible」を発表。Nキーロールオーバーもサポートする。

[ITmedia]

 ダイヤテックは1月9日、有線/無線接続に両対応したメカニカルキーボード「Majestouch2 convertible」シリーズを発表、1月18日に販売を開始する。採用キースイッチの差異により4バリエーションをラインアップ、価格はいずれも1万3800円だ(税込み)。

photophoto Majestouch2 convertibleシリーズ

 ZF electronics(Cherry)製MXスイッチを採用したメカニカルキーボード「Majestouch2」シリーズのバリエーションモデルで、PS/2およびUSBでの有線接続のほか、Bluetoothワイヤレス接続にも対応した。Nキーロールオーバーにも対応しており、PS/2接続時には全キーの同時押し、USB/Bluetooth接続時には6キーまでの同時押し入力を認識可能だ。

 最大4台までのBluetooth機器とペアリングでき、キー入力によりペアリング先を切り替えられる。またキーの手前側には、iPhone/iPad接続時のキー配列(US配列)を印字した。「CapsLock」「左Ctrl」の入れ替えやWindowsキーのロック機能なども備えており、本体裏面のDIPスイッチで任意に設定できる。ワイヤレス動作用のバッテリーは単三乾電池2本を使用、駆動時間は約3カ月間となっている。

 ラインアップは、“茶軸”スイッチ採用モデルの「FKBC108M/NB2」、“黒軸”スイッチ採用モデルの「FKBC108ML/NB2」、“赤軸”スイッチ採用モデルの「FKBC108MRL/NB2」、“青軸”スイッチ採用モデルの「FKBC108MC/NB2」の4タイプを用意した。

関連キーワード

Bluetooth | ダイヤテック | キーボード | Cherry


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.