ニュース
» 2013年01月16日 12時03分 UPDATE

レノボ、Windows 8搭載でマルチタッチにも対応した14型Ultrabook「ThinkPad X1 Carbon Touch」

レノボ・ジャパンは、同社製Ultrabook「ThinkPad X1 Carbon」シリーズの新モデル「ThinkPad X1 Carbon Touch」を発表。10点マルチタッチ対応の液晶パネルを装備した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは1月16日、同社製Ultrabook「ThinkPad X1 Carbon」シリーズの新モデル「ThinkPad X1 Carbon Touch」を発表した。法人向けモデルは1月18日、個人向けモデルは1月25日より順次販売を開始する。ダイレクト直販価格はCore i7モデル(型番: 3444CUJ)が21万2100円、Core i5モデル(型番:3444CWJ)が17万9550円(ともに税込み)。

photophotophoto ThinkPad X1 Carbon Touch

 ThinkPad X1 Carbon Touchは、従来モデル“ThinkPad X1 Carbon”同様にカーボン素材の堅牢筐体を採用したUltrabookで、新たに10点マルチタッチ対応のタッチパネルを搭載するとともに、OSとしてWindows 8 Pro 64ビット版を導入した。本体サイズおよび重量は従来モデルより増加しており、本体サイズは331(幅)×226(奥行き)×10〜20.8(高さ)ミリ、重量は約1.54キロとなっている。

 ディスプレイは1600×900ドット表示対応の14型ワイド液晶を内蔵。CPUはCore i5-3427U(1.8GHz)/同 i7-3667U(2GHz)、メモリは4Gバイト/8Gバイト、ストレージは180GバイトSSD/240GバイトSSDを搭載する。ほかIEEE802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、720p対応Webカメラなども装備した。スピーカーはDolby Home Theater v4に対応。TCG V1.2準拠のセキュリティチップも標準で内蔵、vProテクノロジーもサポートしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.