ニュース
» 2013年01月30日 11時40分 UPDATE

ハンファ、組み込み用途にも向く抵抗膜式タッチパネル採用のスクエア液晶計4モデルを発売

ハンファ・ジャパンは、抵抗膜方式のタッチパネル入力に対応した12.1型/15型/17型/19型液晶ディスプレイ計4製品を発表した。

[ITmedia]

 ハンファ・ジャパンは1月30日、抵抗膜方式のタッチパネル入力に対応した12.1型/15型/17型/19型液晶ディスプレイ計4製品「HM-TL12T-SFC」「HM-15T-SFC」「HM-17T-SFC」「HM-19T-SFC」を発表、同社直販にて2月6日より販売を開始する。価格はそれぞれ4万4900円/4万9900円/5万9800円/6万9900円(税込み)。

photophotophoto HM-TL12T-SFC(左)、HM-15T-SFC/同-17T-SFC(中)、HM-19T-SFC(右)

 4製品はいずれも、Windows XP/Vista/7環境でのタッチ操作が可能な4線式抵抗膜方式タッチスクリーンを採用した液晶ディスプレイ。多彩な設置方法に対応しており、付属スタンド/VESAマウントへの固定のほか、各種機器への組み込み設置を行えるラックマウントシャーシ用ブラケットも付属した。また出力2ワット×2のステレオスピーカーも内蔵している。

 表示解像度は、12.1型モデルのHM-TL12T-SFCが800×600、15型モデルのHM-15T-SFCが1024×768、17型/19型モデルのHM-17T-SFC/同-19T-SFCが1280×1024ドット表示をサポートしている。映像入力は、HM-TL12T-SFC/同-19T-SFCがアナログD-Sub/DVIの2系統を、HM-TL15T-SFC/同-TL17T-SFCがアナログD-Sub/HDMIの2系統を利用可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう