ニュース
» 2013年02月12日 11時00分 UPDATE

2013年タブレット春モデル:10.1時間の長時間動作、Android 4.1に進化した10.1型タブレット──「REGZA Tablet AT501」

東芝の10.1型標準Wi-FiタブレットがAndroid 4.1に進化。「REGZA Tablet AT501」は前モデルの初登場時価格より若干安価な実売4万円台半ばで販売される。

[ITmedia]

10.1型のベーシックタブレットがAndroid 4.1に進化、REGZA連携で“どこでもテレビ”も

photo Android 4.1に刷新した10.1型タブレット「REGZA Tablet AT501」

 10.1型サイズの標準タブレットREGZA Tablet AT500が、Android 4.1に進化。「REGZA Tablet AT501」として刷新される。

 ラインアップはTegra 3+32Gバイトストレージ仕様となるAT501/37Hの1モデル。発売は2013年2月15日。価格はオープン、発売時価格は4万円台半ばと予想される。

 従来モデルREGZA Tablet AT500(AT500/36F)とは、プロセッサのTegra 3(1.3GHz)、ストレージ・メモリ容量、1280×900ドット表示/静電タッチパネル付きの10.1型ワイドIPS液晶、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 3.0、SDメモリーカードスロット(標準サイズ)、USB 2.0(micro-AB)、Micro HDMI、ヘッドフォン/マイク入出力(3.5ミリピンジャック)、アウト500万/イン200万画素のWebカメラ、260(幅)×180(奥行き)×10.5(厚さ)ミリ、重量約625グラムのボディサイズなど、基本仕様は変わらず、OSのみAndroid 4.1に刷新した。

 東芝REGZAシリーズと連携し、タブレットでテレビ番組の視聴/ネットワーク再生/番組持ち出しが行える「レグザリンク・シェア(RZプレーヤー/RZライブ/RZポーター)」、Android向けの日本語入力システム「ATOK for Android」、Office互換アプリ「シンクフリーモバイルオフィス」、Windows PC遠隔操作アプリ「Splashtop Remote Desktop」、スマートデバイス向けセキュリティアプリ「カスペルスキータブレットセキュリティ」などの実用アプリも豊富にプリインストールする。


REGZA Tablet店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ ストレージ OS 実売価格
REGZA Tablet AT501 AT501/37H タブレット OSバージョンアップ Tegra 3 (1.3GHz) 1GB 32GB フラッシュ Android 4.1 4万円台半ば
REGZA Tablet店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 ワイヤレス通信 インタフェース サイズ バッテリー駆動時間 重量
REGZA Tablet AT501 AT501/37H 10.1型ワイド (タッチパネル・IPS) 1280×800 802.11b/g/n、Bluetooth 3.0 USB Micro-AB、マイク/ヘッドフォン、microSD、200万フロント・300万画素リアカメラなど 261×180×10.5 動画約10時間 約625グラム

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.