ニュース
» 2013年03月06日 11時45分 UPDATE

「フライングトースター」のアップデートも:インフィニシス、Mac用レトロスクリーンセーバー「Mowing Man」と「Boris」を発売

「Mowing Man」と「Boris」は、CRTディスプレイ時代にスクリーンセーバーの定番だった「After Dark」に含まれるキャラクター。インフィニシスが最新Mac用に復活し、ダウンロード販売を開始した。

[ITmedia]

 インフィニシスは3月6日、Mac用のレトロスクリーンセーバー「Mowing Man」と「Boris」を復活し、同社直販サイト「Shop Infinisys」にてダウンロード販売を開始した。価格は2つのスクリーンセーバーがセットで400円だ。

 Mowing ManとBorisは、米Berkeley Systemsが開発したMac向けスクリーンセーバー「After Dark」に含まれるキャラクター。After Darkは1989年に初めて発売され、CRTディスプレイの時代に定番スクリーンセーバーとして人気を得た。最新版の「After Dark X + fish」は対応OSがMac OS X 10.0.4〜10.4にとどまり、Intel Macでは動作しない。

 インフィニシスは2012年12月6日にAfter Darkで代表的なキャラクター「フライングトースター」(Flying Toaster)を復活し、Mac OS X 10.6〜10.8/Intel Mac対応スクリーンセーバーとして発売しており、今回のMowing ManとBorisはその第2弾となる。

 Mowing Manは男性が芝刈り機で芝を刈るスクリーンセーバー、Borisは猫が走ったり寝たりなどさまざまな動作をするスクリーンセーバー。昔のAfter Darkスクリーンセーバーと同じグラフィックスと動きを再現し、音声も付いている。Mowing Manのスピードと草の伸び率、猫の数(1〜3匹)、グラフィックスのサイズを設定可能だ。

tm_0306_afterdark_01.jpgtm_0306_afterdark_02.jpg どんどん生えてくる草や花を芝刈り機で刈り続ける「Mowing Man」

tm_0306_afterdark_03.jpgtm_0306_afterdark_04.jpg 最大3匹の猫がさまざまな動作をする「Boris」

 なお、インフィニシスは高解像度・大画面のMac向けにキャラクターの大きさを調整できるようになった「フライングトースター」の最新版(390円)、フライングトースター、Mowing Man、Borisの3点セットとなる「After Darkクラシックセット」(750円)も発売した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-