ニュース
» 2013年03月29日 11時32分 UPDATE

レノボ、14ビット画像処理を搭載したプロ向き30型WQXGAディスプレイ「ThinkVision LT3053p Wide」

レノボ・ジャパンは、広色域パネルを採用したWQXGA表示対応の30型ワイド液晶ディスプレイ「ThinkVision LT3053p Wide」を発売する。

[ITmedia]
photo ThinkVision LT3053p Wide  斜光フードも標準で付属する

 レノボ・ジャパンは3月29日、広色域パネルを採用したWQXGA表示対応の30型ワイド液晶ディスプレイ「ThinkVision LT3053p Wide」を発表、本日より順次販売を開始する。価格は16万8000円から(税込み)。

 ThinkVision LT3053p Wideは、プロフェッショナル向きとなる広色域表示対応の30型ワイド液晶ディスプレイで、液晶パネルとしてAH-IPSパネルを採用、表示解像度は2560×1600ドット表示に対応した。14ビット画像処理を採用しており、表示色は約10億7000万色、Adobe RGBカバー率は99%/sRGBカバー率は100%となっている。

 表示スペックは応答速度6ms、最大輝度350カンデラ/平方メートル、コントラスト比1000:1。2画面を同時表示できるピクチャー・イン・ピクチャー/ピクチャー・バイ・ピクチャー機能にも対応、インタフェースはDVI、HDMI、DisplayPort 1.2、MHL、アナログD-Subを備えた。またUSBハブ5ポート(USB 3.0×3、USB 2.0×2)も利用可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.