ニュース
» 2013年04月08日 15時53分 UPDATE

EIZO、省電力や疲れ目抑制に配慮した19型SXGA液晶「FlexScan S1903-T」

EIZOは、1280×1024ドット表示に対応した19型液晶ディスプレイ「FlexScan S1903-F」を4月12日に発売する。

[ITmedia]
photo FlexScan S1903-F

 EIZO(2013年4月1日に「ナナオ」から社名変更)は4月8日、19型液晶ディスプレイ「FlexScan S1903-F」を発表、4月12日に発売する。カラーバリエーションはブラック/ホワイトの2モデルを用意した。価格はオープン、同社直販「EIZOダイレクト」の販売価格は4万9800円だ(税込み)。

 FlexScan S1903-Fは、アスペクト比5:4となる1280×1024ドット(SXGA)表示の19型スクエア液晶パネル(TN方式/ノングレア)を採用。外光センサーにより最適な輝度に自動調整する「Auto EcoView」機能を搭載したほか、輝度を約3カンデラ/平方メートルにまで下げて利用できる暗所作業向きの「EyeCare」モードや、表示を紙に似た風合いに切り替えることでブルーライトを大幅にカットできる「Paper」モードなどを備えている。

 応答速度は5ms、標準輝度は250カンデラ/平方メートル、コントラスト比は1000:1、視野角は上下160度/左右170度、表示色は約1677万色(10ビットLUT)だ。インタフェースはDVI-D、アナログD-Subの2系統を利用できる。出力0.5ワット+0.5ワットのステレオスピーカー、ヘッドフォン出力も内蔵する。

 スタンドは上30度/下5度のチルト調整に対応し、本体サイズは405(幅)×205(奥行き)×416(高さ)ミリ、重量は約4.9キロ。消費電力は最大で23ワット、標準で11ワット、節電時/待機時で0.5ワット以下だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.