ニュース
» 2013年05月10日 10時14分 UPDATE

Corsair、拡張性も考慮したスマートデザインのミニタワーPCケース「350D」

リンクスインターナショナルは、Corsair製ミニタワー型PCケース「350D」シリーズ2モデルの取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは5月10日、Corsair製ミニタワー型PCケース「350D」シリーズの取り扱いを発表、5月11日より販売を開始する。ラインアップは通常モデル「350D」(型番:CC-9011028-WW)と側面アクリル窓仕様モデルの「350D Windowed」(型番:CC-9011029-WW)の2製品を用意した。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ1万3480円前後/1万4480円前後だ。

photophotophotophoto 350Dシリーズ

 350Dシリーズは、microATX/Mini-ITXマザーボードの搭載が可能なミニタワー型PCケース。拡張性を重視した設計で、拡張カード部は300ミリ以上の長寸カードの装着に対応した。また簡易水冷キットへの対応もうたわれており、大型ラジエータを備える同社製水冷キット「H110」「H100i」などを上側に搭載可能だ。

 ドライブベイは5インチ×2、2.5/3.5インチシャドー×2、2.5インチシャドー×3を装備。冷却ファンは標準で2基(前面14センチ角、背面12センチ角)を備えるほか、さらに天板に2基/前面に1基を増設できる。前面には、ファンの騒音をカットできる遮音パネルも装備した。

 フロントインタフェースはUSB 3.0×2、オーディオ入出力を装備。本体サイズは210(幅)×460(奥行き)×440(高さ)ミリ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう