ニュース
» 2013年05月20日 15時01分 UPDATE

マウスコンピューター、4K出力にも対応したプロクリエイター向きデスクトップ

マウスコンピューターは、FirePro W5000を標準搭載した高解像度出力対応のクリエイター向けデスクトップPCの販売を開始する。

[ITmedia]
photo MDV ADVANCE AFX9220シリーズ

 マウスコンピューターは5月20日、高解像度出力に対応したクリエイター向けデスクトップPC「MDV ADVANCE AFX9220」シリーズを発表、本日より販売を開始する。標準構成の異なる3バリエーション「MDV-AFX9220SW5-WS」「MDV-AFX9220XW5-WS」「MDV-AFX9220ZW5-WS」を用意、価格はそれぞれ23万9820円/28万7700円/37万8000円だ(いずれも税込み)。

 MDV ADVANCE AFX9220シリーズは、ミドルタワー型筐体を採用した高機能デスクトップPCで、グラフィックスカードとしてAMD FirePro W5000を標準搭載し、4096×2160ドット出力にも対応した映像コンテンツ作成向きモデルだ。

 下位構成のMDV-AFX9220SW5-WSは、Core i7-3930K(3.2GHz)/16Gバイトメモリ/1TバイトHDDを搭載、OSはWindows 7 Home Premiumを導入している。

 中位構成のMDV-AFX9220XW5-WSは、Core i7-3930K(3.2GHz)/32Gバイトメモリ/250GバイトSSD+2TバイトHDDを搭載、OSはWindows 7 Proffessionalを導入した。

 上位構成のMDV-AFX9220ZW5-WSは、Xeon E5-2665(2.4GHz)/16Gバイト/1TバイトHDDを搭載。OSはWindows 7 Proffessionalだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう