ニュース
» 2013年05月20日 16時23分 UPDATE

OVERCLOCK WORKS、約70万円からの“TITAN”×2基搭載ウルトラハイエンドPCを発売

OVERCLOCK WORKSは、ハイエンド構成仕様のミドルタワー型デスクトップPC「OCW-PREMIUM for 2011 Ultimate MX V2」の販売を開始した。

[ITmedia]
photo OCW-PREMIUM for 2011 Ultimate MX V2

 OVERCLOCK WORKSはこのほど、ハイエンド構成仕様のミドルタワー型デスクトップPC「OCW-PREMIUM for 2011 Ultimate MX V2」の販売を開始した。標準構成価格は69万8000円(税込み)。

 オーバークロック設定済みとなるハイエンド構成仕様のデスクトップPCで、CPUとして動作周波数を4.4GHzに引き上げたCore i7-3970Xを搭載。またグラフィックスカードはGeForce GTX TITAN×2基のSLI構成となっている。

 メモリは32Gバイト、ストレージは512GバイトSSD(Plextor M5 Pro)+4TバイトHDD、光学ドライブはBlu-ray Discドライブを内蔵、OSはWindows 8 Proを標準で導入している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう