ニュース
» 2013年05月24日 12時52分 UPDATE

東芝、シンプルデザインのUSB 3.0外付けHDD「CANVIO DESK」に3Tバイトモデルを追加

東芝セミコンダクター&ストレージは、同社製のUSB 3.0対応外付けHDD「CANVIO DESK」シリーズのラインアップに1Tバイト/3Tバイトモデルを追加した。

[ITmedia]
photo CANVIO DESKシリーズ

 東芝セミコンダクター&ストレージは5月24日、同社製のUSB 3.0対応外付けHDD「CANVIO DESK」シリーズのラインアップに1Tバイトモデル/3Tバイトモデルを追加、5月25日に販売を開始する。カラーバリエーションはともに“ブラック”と“ホワイト&ブラック”の2タイプを用意した。価格はオープン、予想実売価格は1Tバイトモデルが1万1000円前後、3Tバイトモデルが2万円前後。

 製品仕様は従来モデル同様で、USB 3.0接続の高速転送をサポートした。筐体は縦置き/横置きに両対応したファンレス筐体を採用、接続した機器の電源に応じて自動電源オフを行える“ECOパワーオフ”機能も備えた。また従来モデル同様、テレビ/レコーダー機器との接続対応もうたわれている。

 Mac OS XでNTFSドライブへのアクセスを可能とするドライバ「NTFS for Mac」も利用可能だ。本体サイズは42(幅)×129(奥行き)×167(高さ)ミリ。

関連キーワード

東芝 | USB 3.0 | 外付けHDD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう