ニュース
» 2013年05月27日 12時43分 UPDATE

日本HP、法人向けWindows 8タブレット「HP ElitePad 900」に“4G LTE”対応モデル4タイプを追加

日本ヒューレット・パッカードは、LTEデータ通信モジュールを標準搭載したWindows 8タブレット「HP ElitePad 900 LTE対応モデル」2機種4モデルを発表した。

[ITmedia]
photo HP ElitePad 900 LTE対応モデル

 日本ヒューレット・パッカードは5月27日、LTEデータ通信モジュールを標準搭載したWindows 8タブレット「HP ElitePad 900 LTE対応モデル」2機種4モデルを発表、6月中旬より順次販売を開始する。

 今回の発表では、KDDIのLTE回線「au 4G LTE」に対応した「HP ElitePad 900 for au」と、NTTドコモのLTE回線「Xi」に対応した「HP ElitePad 900 for DOCOMO」の2機種を用意。また、それぞれに“Windows 8モデル”と“Windows 8 Proモデル”を用意している。同社直販価格はWindows 8モデルがともに9万1350円、Windows 8 Proモデルがともに11万1300円だ(税込み)。

 本体側の仕様は共通で、ディスプレイとして1280×800ドット表示/マルチタッチ対応の10.1型ワイド液晶を内蔵した。CPUはAtom Z2760、メモリは2Gバイト、ストレージは32GバイトSSD(Windows 8 Proモデルは64GバイトSSD)を搭載、IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、NFCリーダー、Webカメラ2基なども利用可能となっている。

top_features4_icon_10_1380601734.jpg


→HP Directplusで「HP ElitePad 900」をチェックする

ビジネスのために設計されたWindows8搭載タブレット


icon

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.