ニュース
» 2013年05月30日 11時58分 UPDATE

Corsair、HTPXマザーにも対応する大型フルタワーケース「900D」

リンクスインターナショナルは、Corsair製フルタワー型PCケース「900D」の取り扱いを発表。拡張性と冷却力を重視した大型デザインが特徴だ。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルは5月30日、Corsair製フルタワー型PCケース「900D」の取り扱いを発表、6月8日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は5万2800円前後。

photophotophotophoto 900D

 900Dは、HPTX/E-ATX/XL-ATXマザーボードなどの装着に対応した“スーパーフルタワー”サイズのPCケース。筐体内部に水冷ラジエーターを装着可能で、前面および上段/底面/側面に最大5基までラジエーターを内蔵できる。また電源ユニットは最大2基まで装着可能だ。

 冷却ファンは標準で4基(12センチ角×3、14センチ角×1)を備えるほか、追加により最大15基まで内蔵することができる。ドライブベイは5インチ×4、2.5/3.5インチシャドー×9(うち3基はホットスワップ対応)を装備。拡張スロットは10本で、4-wayマルチグラフィックス環境の実現にも対応した。

 前面インタフェースはUSB 3.0×2、USB 2.0×4、オーディオ入出力を装備。本体サイズは252(幅)×650(奥行き)×690(高さ)ミリ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう