ニュース
» 2013年06月03日 11時36分 UPDATE

ZOTAC、小型ベアボーンキット「ZBOX」にCore i3/i5搭載ハイパフォーマンスモデルを追加

アスクは、ZOTAC製となるCore i3/i5搭載ベアボーンキット「ZBOX ID88」「同 ID89」シリーズの取り扱いを発表した。

[ITmedia]
pohto ZBOX ID88/ID89

 アスクは6月3日、ZOTAC製となるCore i3/i5搭載ベアボーンキット「ZOTAC ZBOX ID88」「ZOTAC ZBOX ID89」シリーズの取り扱いを発表、6月より販売を開始する。価格はそれぞれ5万円前後/6万円台前半の見込みだ。

 2モデルはともに、本体サイズ188(幅)×188(奥行き)×51(高さ)ミリの小型筐体を採用したベアボーンキットで、ZBOX ID88はCPUとしてCore i3-3220T(2.8GHz)、ZBOX ID89はCore i5-3470T(2.9GHz)を標準で搭載している。

 メモリスロットはDDR3 SO-DIMM×2本(最大16Gバイト)、ストレージは2.5インチHDD/SSDを利用できる。ほかIEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、HDMI/DVI出力、ギガビット対応LAN×2なども利用可能だ。


 また、メモリ4Gバイト/500GバイトHDDを標準装備したモデル「ZOTAC ZBOX ID88 PLUS」「ZOTAC ZBOX ID89 PLUS」もあわせて発売される。価格はそれぞれ6万円台前半/7万5000円前後の見込み。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう