ニュース
» 2013年06月06日 13時00分 UPDATE

高解像度+17.3型、2560×1440ドット、着脱Ultrabookも:「もっと高性能」にカスタマイズ可能──東芝、Haswell搭載dynabookにWebオリジナルモデル

東芝が2013年夏のdynabookシリーズWebオリジナルモデルを発表。店頭モデルにはないフルHD+17.3型の高級ノートから、2560×1440ディスプレイ搭載「KIRA V832」を“よりハイスペック”構成で注文できるモデルなどを用意する。

[ITmedia]

第4世代Core搭載、カラバリ拡充、高解像度モバイルの高性能仕様まで全8シリーズ

photo フルHD解像度のディスプレイを選択できる17.3型大画面ノート「dynabook Satellite T873」

 東芝は6月6日、第4世代Coreプロセッサーを採用したdynabookシリーズのWebオリジナルモデル全8シリーズを発表。直販サイト「東芝ダイレクト」で2013年6月17日より順次販売を開始する。

 ラインアップは、

 の5シリーズと、既存モデル、

 の計8シリーズ、全33モデル(既存モデルも含む)。第4世代Coreプロセッサーへの刷新(T873、T853)、フルHD(1920×1080ドット)表示対応(T873)、外部GPU搭載(T873、T853、B753)、Officeの有無(全シリーズ)、Windows 8 Proの選択肢(R632)、ハイブリッドドライブの選択肢(T873、T853、B753)、256GバイトSSDの選択肢(V832、V632、R632、R732、V713)、メインメモリ増強などを店頭モデルよりカスタマイズした構成で注文できる。

 特に大きく刷新したdynabook Satellite T873は、インテルの第4世代Coreプロセッサー Core i7-4700QM+Intel HM86 Expressの組み合わせに、1920×1080ドット表示に対応する17.3型ワイドの大画面液晶ディスプレイを採用。外部グラフィックスもGeForce GT 745Mに変更するなど、よりハイスペックな構成が選べるようになった。

 Ultrabookシリーズは、128GバイトSSD→256GバイトSSD、8Gバイトへのメモリ増強など店頭モデルより高性能な構成を用意。一方、Officeなしとする選択肢を用意するのもポイントの1つとなる。

photophoto 着脱スタイルでタブレットとしても使える「dynabook V713」(左) 2560×1440表示の高精細ディスプレイを特長とする13.3型Ultrabook「dynabook KIRA V832」(右)

 Webオリジナルモデルの基本構成価格は以下の通り。

東芝ダイレクトWebオリジナルモデル 2013年夏モデル 基本構成価格
dynabook Satellite T873/87J 13万4000円
dynabook Satellite T873/86J 12万9800円
dynabook Satellite T873/77J 12万4800円
dynabook Satellite T873/76J 11万9800円
dynabook Satellite T573/45J 8万9800円
dynabook Satellite T853/98J 14万2800円
dynabook Satellite B753/68J 12万8000円
dynabook Satellite B753/57J 10万8000円
dynabook Satellite B753/56J 10万1800円
dynabook Satellite B753/55J 9万8000円
dynabook Satellite B753/52J 7万2800円
dynabook V713/W1J 16万3800円
※Office Home and Business 2013付き構成は上記価格にプラス1万6000円で用意

iconicon

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう