ニュース
» 2013年06月12日 16時38分 UPDATE

Intel、“データセンター向け”の20ナノメートルプロセス採用SSD「インテル SSD DC S3500」を発表

インテルは、Webホスティングやクラウドコンピューティングなど読み込み主体のアプリケーションに適したSSD「インテル SSD DC S3500」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 インテルは6月12日、データセンターおよびクラウド・コンピューティング向けとなるSSD「インテル SSD DC S3500」(以下、DC S3500)シリーズを発表した。

 DC S3500シリーズは、Webホスティングやクラウド・コンピューティング、データセンターの仮想化など読み込み主体のアプリケーションに適したSATA 6Gb/s接続対応のSSD。20ナノメートルプロセス技術を採用したモデルで、転送速度はリード最大500Mバイト/ライト最大450Mバイトを実現した。ランダムリード性能は最大7万2000IOPSとなっている。

 またデータロスに対処できるデータ保護機能も搭載、内蔵コンデンサによる短時間の電力バックアップが可能で、停電発生時にも最後まで処理を継続できる。暗号化機能も内蔵、AES 256ビット暗号化を採用した。

 1.8インチ/2.5インチモデルを用意、容量は80Gバイト〜800Gバイトまでの幅広いラインアップを取り揃えた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.