ニュース
» 2013年06月13日 12時53分 UPDATE

東芝、企業向けの着脱キーボード採用Ultrabook「dynabook V713/H」

東芝は、キーボードを取り外してタブレット端末としても利用可能な企業向け11.6型Ultrabook「dynabook V713/H」を発表した。

[ITmedia]

 東芝は6月13日、キーボードを取り外してタブレット端末としても利用可能な企業向け11.6型Ultrabook「dynabook V713/H」を発表、6月下旬より販売を開始する。価格は23万790円から(税込み)。

photophotophoto dynabook V713/H

 dynabook V713/Hは、1920×1080ドット表示対応のIPSパネル採用11.6型ワイド液晶を内蔵したUltrabook。キーボード部を任意に取り外せる着脱式機構を採用、タブレットスタイルで利用することが可能だ。また通常のタッチパネル操作のほか、自然なペン入力を行える筆圧感知対応の“電磁誘導方式デジタイザー”もカスタムメイドにより追加選択できる。OSはWindows 8 pro 64ビット版を導入。ダウングレードによりWindows 7 Professionalも利用可能だ。

 CPUは、Celeron 847(1.1GHz)/Core i5-3339Y(1.5GHz)のほか、vPro対応のCore i5-3439Y(1.5GHz)を選択可能。メモリは2Gバイト/4Gバイト、ストレージは128GバイトSSDを搭載、ほかIEEE802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、HDMI出力なども利用できる。

 キーボード接続時の本体サイズは約299(幅)×220.5(奥行き)×16.9〜19.9(高さ)ミリ。重量は約1.43キロ(Core i5-3439Y/デジタイザーペン採用モデル時は1.47キロ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう