ニュース
» 2013年06月17日 13時00分 UPDATE

動作時間「10時間」に長時間化──「AtermWM3800R」新ファームウェア公開

小型ボディが魅力のWiMAXルータ「AtermWM3800R」に新ファームウェアが公開された。省電力化により、連続動作時間が「10時間」に延長された点が主なトピックだ。

[ITmedia]
photo AtermWM3800R

 NECアクセステクニカは6月17日、WiMAXルータ「AtermWM3800R」の新ファームウェア(Ver.1.1.0)を公開した。

 主な改善内容は以下の通り。

  1. 操作性の改善
  2. 省電力機能の強化
  3. 不具合の改善

 (1)は、リモート起動機能のオン/オフ設定を本体のボタン操作で行えるよう改善。従来は接続した機器(PCやスマートフォン)でのWeb設定メニューより行う必要があった。

 (2)は、Wi-Fi通信時に関わる省電力化により、連続動作時間を長時間化した。初期カタログ値の約8時間から、連続動作時間は約10時間になる。具体的にはセカンダリSSIDの停止、Wi-Fi通信の反応速度調整などの実施により実現。Wi-Fi通信の反応が遅くなる場合があるデメリット、および使用する機器やアプリケーションによっては使用できないケースもあるというが、実働時間を延長させられる改善は喜ばしい。また、60分動作後、自動的に休止状態へ移行する「電源切り忘れ防止機能」も新設した。

 (3)は、Mac OSのUSB通信時(USBで有線接続し、USBモデムとして使用できる機能)、本体が再起動することがある事象の改善となる。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.