ニュース
» 2013年06月20日 11時53分 UPDATE

ZOTAC、超小型ベアボーン「ZBOX」にCore i7搭載のハイスペックモデルを追加

アスクは、ZOTAC製となる小型ベアボーンキット「ZBOX」シリーズの最新モデル「ZBOX ID90」シリーズの取り扱いを開始する。

[ITmedia]
photo ZBOX ID90シリーズ

 アスクは6月20日、ZOTAC製となる小型ベアボーンキット「ZBOX」シリーズの最新モデル「ZBOX ID90」シリーズの取り扱いを発表、7月に販売を開始する。予想実売価格はベアボーンモデルの「ZBOX-ID90-J」が7万円台、メモリ/HDDを組み込んだ「ZBOX-ID90-PLUS-J」が8万円台の見込みだ。

 厚さ51ミリの薄型デザイン筐体を採用したベアボーンキットで、CPUとしてCore i7-3770T(2.5GHz)を搭載したハイスペックモデルだ。

 メモリはDDR3 SO-DIMMスロット2本を、ストレージは2.5インチSATA SSD/HDDを内蔵できる(ZBOX-ID90-PLUS-Jはメモリ4Gバイト/500GバイトHDDを装備)。ほかIEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0や、ギガビット対応有線LAN×2、USB 3.0、HDMI/DVI出力なども利用できる。本体サイズは188(幅)×188(奥行き)×51(高さ)ミリ。

関連キーワード

ベアボーン | ZOTAC | アスク | Core i7 | HDMI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう