ニュース
» 2013年06月21日 14時30分 UPDATE

ASRock、Z87/Q87チップセット採用マザーボード計4製品を発売

マスタードシードは、台湾ASRock製となるIntel Z87/Q87チップセット採用マザーボード計4モデルの取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 マスタードシードは6月21日、台湾ASRock製となるIntel Z87/Q87チップセット採用マザーボード計4モデル「Z87 Extreme6/ac」「Z87 Extreme9/ac」「Z87 OC Formula/ac」「Q87M vPro」の取り扱いを発表、本日より順次販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格はZ87 Extreme6/acが2万6980円前後、Z87 Extreme9/acが4万5980円前後、Z87 OC Formula/acが4万2980円前後、Q87M vProが1万7980円前後。

photophotophoto Z87 Extreme6/ac(左)、同 Extreme9/ac(中)、同 OC Formula/ac(右)

 Z87 Extreme6/ac、同 Extreme9/ac、同 OC Formula/acの3製品は、いずれもチップセットしてIntel Z87採用したLGA1150対応マザーボードで、Z87 Extreme6/ac/同 Extreme9/acはATX、Z87 OC Formula/acはE-ATXフォームファクタに対応。いずれも標準でIEEE802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.0接続を利用可能だ。

 メモリはいずれもDDR3スロット4本を装備(最大32Gバイト)、オーバークロックメモリにも対応している。拡張スロット構成は、Z87 Extreme6/acがPCI Express 3.0 x16×3(x16+x8+x4動作)、PCI Express 2.0 x1×1、PCI×2、mini PCIe×1。Z87 Extreme9/acがPCI Express 3.0 x16×5(x16×3+x8×2動作)、PCI Express 2.0 x1×1、mini PCIe×1。ASRock Z87 OC Formula/acがPCI Express 3.0 x16×3(x16+x8+x4動作)、PCI Express 2.0 x16×1(x4動作)、PCI Express 2.0 x1×2、mini PCIe×1で、いずれもSLI/CrossFireXを利用できる。

 また3製品ともフロントベイ装着用パネルが付属。Z87 Extreme6/ac/同 OC Formula/acの2製品はUSB 3.0×2基を利用できる3.5インチベイ用パネルを、Z87 Extreme9/acはUSB 3.0×2、SDカードスロット、無線LANアンテナ、2.5インチシャドーベイを利用できる5インチベイ用パネルを付属した。


photo Q87M vPro

 Q87M vProは、チップセットとしてIntel Q87チップセットを採用したビジネス向けのmicroATXマザーボードで、Intel vProテクノロジー/Small Business Advantageをサポートした。メモリスロットは4本(最大32Gバイト)、拡張スロットはPCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 2.0 x1×1、PCI×1を利用可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう