ニュース
» 2013年07月03日 13時16分 UPDATE

アイ・オー、法人向けのWSS搭載NAS「LAN DISK Z」に高信頼HDD“WD Red”導入モデル3タイプを追加

アイ・オー・データ機器は、Windows Storage Serverを導入した法人向けNAS「LAN DISK Z」シリーズのラインアップに、ウエスタンデジタル製の高信頼HDD搭載モデルを追加した。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は7月3日、Windows Storage Serverを導入した法人向けNAS「LAN DISK Z」シリーズのラインアップに、ウエスタンデジタル製の高信頼HDD搭載モデル計3シリーズを追加、7月上旬に出荷を開始する。

photophotophoto HDL-Z4WSCシリーズ、(左)、HDL-Z4WMCシリーズ(中)、HDL-Z6WLCシリーズ(右)

 4ドライブ構成モデルには、Windows Storage Server 2008 R2 Workgroup Edition導入モデルの「HDL-Z4WSC」シリーズ、およびWindows Storage Server 2012 Workgroup Edition導入モデルの「HDL-Z4WMC」シリーズを追加。ともに4Tモデル/8Tバイトモデル/12Tバイトモデルをラインアップしている。

 本体側の仕様は共通で、RAIDレベルはともにRAID-0/5に対応。LANポートは2基搭載しており、異なるセグメント間でのNAS共有が可能となっている。価格は4Tモデルがともに19万円、8Tバイトモデルがともに21万円、12Tバイトモデルがともに25万円だ。

 6ドライブ構成モデルとしては、Windows Storage Server 2012 Workgroup Edition導入モデルの「HDL-Z6WLC」シリーズを用意。RAIDレベルはRAID-0/5に対応する。ラインアップは6Tバイトモデル/12Tバイトモデル/18Tバイトモデルを用意、価格はそれぞれ32万円/35万円/41万円だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.