ニュース
» 2013年07月04日 14時24分 UPDATE

東芝、無線LAN機能付きのSDHCカード「FlashAir」に16Gバイトモデルを追加

東芝は、無線LAN機能を内蔵したSDHCメモリカード「FlashAir」のラインアップに16Gバイトモデルを追加した。

[ITmedia]
photo SD-WC016G

 東芝は7月4日、無線LAN機能を内蔵したSDHCメモリカード「FlashAir」のラインアップに16Gバイトモデル「FlashAir W-02」(型番:SD-WC016G)を追加、7月6日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は5000円台半ばの見込みだ。

 SD-WC016Gは、IEEE802.11b/g/n通信機能を標準装備した容量16GバイトのSDHCメモリカードで、転送速度はSDスピードクラスのClass 10に対応した。また無線LAN接続にも改良を加え、従来比で約30%の高速化を実現している。

関連キーワード

FlashAir | SDHC | 東芝 | メモリカード | 無線LAN | 転送速度


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.