ニュース
» 2013年07月11日 15時02分 UPDATE

ブルレー、20万円を切る卓上型3Dプリンタ「UP Plus 2」

ブルレーは、中国Delta Micro Factory製となる卓上型3Dプリンタ「UP Plus 2」の取り扱いを発表。重量約5キロの小型軽量筐体を採用した。

[ITmedia]
photo UP Plus 2

 ブルレーは7月11日、中国Delta Micro Factory製となる卓上型3Dプリンタ「UP Plus 2」の取り扱いを発表、7月下旬に発売する。価格は19万9800円(税込み)。

 UP Plus 2は、FDM(熱溶解)方式を採用したエントリークラスの3Dプリンタで、本体サイズ245(幅)×260(奥行き)×350(高さ)ミリ、重量約5キロの省スペース筐体を実現。普及帯モデルながら、最小積層ピッチは0.15ミリにまで対応した。最大印刷領域は140(幅)×140(奥行き)×135(高さ)ミリで、PLA/ABS樹脂に対応している。

 またオートキャリブレーション機能を備えているのも特徴で、ソフトウェア側で自動位置調節を行うことが可能だ。OSはWindows/Macを両サポートしている。

photophotophoto 本体カラーバリエーションは白/黒/赤/青の4バリエーションを用意した

関連キーワード

3Dプリンタ | ブルレー | 卓上 | 中国 | 省スペース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう