ニュース
» 2013年07月18日 15時21分 UPDATE

ヤマダ電機、8月より店頭で3Dプリンタの販売を開始

ヤマダ電機とイグアスが、3Dプリンタ販売事業での業務提携を発表。8月上旬よりスリーディー・システムズ製3Dプリンタの店舗販売を開始する。

[ITmedia]

 ヤマダ電機とイグアスは7月18日、3Dプリンタ販売事業での業務提携を行うと発表した。取り扱い製品は米国スリーディー・システムズ製の「Cube」「CubeX」(個人向け)、および「ProJet」シリーズ(法人向け)だ。

photophoto CubeX(左)、ProJet 3500シリーズ(右)

 8月上旬より、パイロット店舗として「LABI1日本総本店池袋」にて3Dプリンタの販売を開始するほか、順次全国に展開するとしている。さらに今後の展開としては、店舗での造形サービスの実施や、3Dプリンタを体感できるイベント開催なども行う予定だ。

 また法人企業向けの販売も実施。一般企業のほか医療、学校などへのアプローチも行っていく、としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.