ニュース
» 2013年07月24日 14時04分 UPDATE

バッファロー、1ドライブ構成のスタンダードNAS「LS-YL」シリーズを発売

バッファローは、同社製NAS「リンクステーション」のラインアップに1ドライブ構成のスタンダードモデル「LS-YL」シリーズを追加した。iOS/Androidデバイスからのアクセスにも対応する。

[ITmedia]
photo LS-YLシリーズ

 バッファローは7月24日、同社製NAS「リンクステーション」シリーズのラインアップに1ドライブ構成のスタンダードモデル「LS-YL」シリーズを追加した。ラインアップは容量1Tバイト/2Tバイト/3Tバイトの3製品を用意。価格はそれぞれ1万8375円/2万2050円/3万2130円だ(いずれも税込み)。

 LS-YLシリーズは、ギガビット接続に対応した1ドライブ構成のNASで、DLNAサーバ機能やiTuneサーバ機能を搭載。またインターネット経由でファイルアクセスを行える「Webアクセス」機能にも対応、無償アプリを用いることでiOS/Android/Windows PhoneデバイスおよびWindows8/RT搭載PCから共有フォルダ内のデータを利用することが可能だ。

 本体サイズは45(幅)×150(奥行き)×175(高さ)ミリ、重量は約1.1キロ。付属LANケーブル(2メートル)は、同社製の“ツメの折れない”LANケーブルとなっている。

関連キーワード

バッファロー | NAS | DLNA | ホームサーバ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう