ニュース
» 2013年08月01日 13時30分 UPDATE

ZALMAN、新開発の高冷却ラジエーターを備えた一体型水冷CPUクーラー「Reserator3 MAX」

アスクは、ZALMAN TECH製の一体型水冷CPUクーラー「Reserator3 MAX」の取り扱いを発表。冷却力を高めた独自開発の円形型ラジエーターを採用している。

[ITmedia]

 アスクは8月1日、ZALMAN TECH製の水冷CPUクーラー「Reserator3 MAX」の取り扱いを発表、8月上旬に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は1万2980円(税込み)。

photophoto Reserator3 MAX

 Reserator3 MAXは、CPU冷却用となる一体型デザインの水冷クーラー。従来製品から設計を大幅に見直しているのが特徴で、効率的な冷却を可能とする円形型ラジエーターを採用した。また冷却材として、従来のクーラント液ではなくナノ流体冷媒を用いた「ナノフロイドクーリングシステム」を採用し、熱伝導率を大きく改善している。

 冷却ファンは12センチ径ファン1基(ブルーLED内蔵、PWM対応)を備えるほか、さらにファン1基を追加できる。騒音レベルは18.9〜36.7デシベルだ。本体サイズは、ラジエーター側が120(幅)×145(奥行き)×79(高さ)ミリ、ウォーターブロック側が70(幅)×85(奥行き)×37(高さ)ミリ。重量は870グラムだ。対応ソケットはLGA775/1150/1155/1156/1366/2011、Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2。

関連キーワード

水冷 | CPU | アスク | ZALMAN


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.