ニュース
» 2013年08月02日 12時38分 UPDATE

Cooler Master、スタイリッシュな新デザインを採用したPCケース「N-Style」シリーズ3製品を発売

Cooler Master Technologyは、水冷用ラジエータの搭載にも対応した新デザイン筐体採用PCケース「N-Style」シリーズ計3製品を発表した。

[ITmedia]
photo N-Styleシリーズ

 Cooler Master Technologyは8月2日、新デザイン筐体を採用したPCケース「N-Style」シリーズを発表、8月9日に発売する。ラインアップは、ミドルタワー型モデルの「N-Style N600」「N-Style N400」、ミニタワー型モデルの「N-Style N200」の3製品を用意。価格はいずれもオープン、予想実売価格はそれぞれ1万4000円前後、9500円前後、9000円前後だ。

 3製品はいずれも新デザインの前面パネルを採用しているのが特徴で、電源ボタンやインタフェースを縦に並べたスタイリッシュなフロントデザインを採用した。また全モデルが水冷用ラジエータの搭載に対応しているのも特徴だ。

 N-Style N600およびN-Style N400は、ともにATX/microATXマザーボードの搭載に対応したミドルタワー型ケース。N-Style N600は拡張性を重視したモデルで、ドライブベイは5インチ×3、3.5インチシャドー×7、2.5インチシャドー×5(うち4段は3.5インチシャドー×4と排他)を装備した。N-Style N400はやや小型なスタンダード設計モデルで、ドライブベイは5インチ×2、3.5インチ×1、3.5インチシャドー×7、2.5インチシャドー×3を利用できる。冷却ファンはそれぞれ最大10基/8基までの搭載に対応。長寸カードの装着も可能で、N-Style N600は奥行き430ミリ、N-Style N400は奥行き320ミリまでのグラフィックスカードを利用できる。

 N-Style N200は、microATX/Mini-ITXマザーボードを搭載できるミニタワー型ケースで、ドライブベイは5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドー×2、2.5インチシャドー×4を備えた。冷却ファンは最大5基まで装着が可能。グラフィックスカードは最長355ミリまでのカードを利用できる。

photophotophoto N-Style N600(左)、N-Style N400(中)、N-Style N200(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう