レビュー
» 2013年08月05日 14時00分 UPDATE

「IdeaPad Yoga 11S」ロードテスト:第3回 業務PCですが……「オフタイムでも使いますよね?」 (1/2)

オフ時はHuluやニコ動を気楽に楽しむ──。IdeaPad Yoga 11Sは、独特の変形スタイルにより、動画サービスとの親和性がかなり高いのだ。

[井上翔,ITmedia]

プライベートタイムのAV的活用もアリ

photo 11.6型サイズの「IdeaPad Yoga 11S」

 基本的にPCは業務用として導入するものとしている。ただ、それをプライベートタイムで使用してもいいはずである。

 筆者はここ最近IdeaPad Yoga 11S」をほぼ肌身離さず持ち歩いている。それで何をするかというと、もちろん業務用の文書作成、取材写真データの確認や編集の作業が中心である。

 このほか、よく思い出すと動画視聴で使う頻度も高い。自身のみ以外に、知人や仕事相手と一緒に視聴することも少なくない。こういった使い方はプライベートタイムが主となるが、仕事相手であれば業務としてとらえることもできたりする。ともあれこういった用途のため、ノートPCには“徹底した性能”は望まずとも、ある程度のAV的機能は必要と考える。

 まずはスピーカー。複数人で動画を視聴するとなれば、最低限全員がしっかり聞き取れるだけの音量が内蔵スピーカーから普通に出てほしい。IdeaPad Yoga 11Sは小さいながらもステレオスピーカーを備え、10人収容ほどの会議室や8畳ほどプライベートルームで利用できるくらい、普通に外部スピーカーを利用できる。スリム化が進むノートPC/Ultrabookには、ボリュームを最大にしても音が小さい、あるいは音割れしてしまうなどにて満足に外部スピーカーが使えないモデルもあるので「外部スピーカーが普通に使える」のは、こういった使い方をする筆者にとって意外と重要なことと改めて気がついた。

photophoto 外部スピーカーはパームレストの左右に収まっている。利用者に対して横向きに設置され、本体の厚さからとても小さいユニットであると想定されるが、複数人で楽しめるほどの音量は出る
photo 補正効果の有効/無効は通知メニューにあるドルビーアイコンなどより切り替えられる。右クリックメニューからはデモも視聴できる

 では、その初期状態のサウンドは高音質か、迫力があるか……と言われると正直微妙ではある。少々騒がしいところで使うなら、少なくとも音量がもう少し出ればなと思う場合がある。

 そこで本機にプリインストールされている「ドルビーホームシアターv4」が役に立つ。ドルビーホームシアターv4は、PCのオーディオ環境で見られる、音量の小ささ、耳障りな雑音やノイズなどの問題を解消する音質改善・補正のためのソフトウェアだ。PCのスピーカーで5.1/7.1チャンネルの疑似サラウンドを実現する「サラウンドバーチャライザー」、内蔵スピーカーで音割れなくボリュームを上げる「ボリュームマキシマイザー」などの機能が備わっている。

 このシステムは、機種ごとに音質補正度合いを最適化して実装するのが特長で、プリインストールされるものはYoga 11S本体のスピーカーの特性に応じて最適化されているという。購入前に試すとすれば、さまざまな雑音が入り乱れる家電量販店のPC販売コーナーで機能の有効/無効をテストしてみてほしい。「おぉ、想像以上に聞きやすくなるな」と感心できるほど補正してくれると思われる。


photophoto ドルビーホームシアターv4の音響効果プロファイルは「音楽」「映画」「ゲーム」の3種類がプリセットされている(写真=左)。これ以外に好みの補正設定に調整した設定も保存しておける。そのうちの1つは、SkypeなどのVoIPアプリ用プロファイルがプリセットされている(写真=右)
photo 外部映像出力はHDMIのみ。だが、筆者の業務と昨今の映像機器環境ではほとんど困らない

 次に、外部ディスプレイ出力端子もチェックする。こちら、自宅/オフィスのほか、外先でも資料表示の用途でそこそこ頻繁に使う端子だ。IdeaPad Yoga 11Sの外部ディスプレイ出力端子はHDMIのみで、アナログRGBは備えない。ThinkPadシリーズと比べるとプライベート利用よりのモデルのため、このあたりは少々仕方ない。アナログRGB端子がないと困るかなと思っていたが、現時点致命的に困ることはほとんどなくなった。

 例えば外先の会議室にあるテレビ/大型ディスプレイ類、あるいはプロジェクターにはもうたいていHDMI端子が備わっている。古めのプロジェクターの例ももちろんまだまだあるが、この場合に備えてHDMIーアナログRGB変換アダプタを携帯しておけばほぼ大丈夫。レノボ・ジャパンにも「Lenovo HDMIーVGA モニター・アダプター(0B47069)」というメーカー純正オプションがあるので、必要であれば一緒に購入しておくとよいだろう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう