ニュース
» 2013年08月15日 14時22分 UPDATE

McAfee、Android向けの“見えない”新型マルウェア「Android/Obad.A」への注意を喚起

McAfeeは、同社ブログ「McAfee Blog」にてAndroid向けマルウェア「Android/Obad.A」の解説を掲載した。デバイス管理リストに表示されない“隠しアプリ”となっているのが特徴だ。

[ITmedia]

 McAfeeは8月15日、同社ブログ「McAfee Blog」にてAndroid向けマルウェア「Android/Obad.A」の解説を掲載した。

 Android/Obad.Aは、Bluetooth経由でAndroidデバイスに感染するマルウェアで、感染すると攻撃者からのコマンドを受け付けるようになる。また、標準的なデバイス管理リストに表示されない“隠しアプリ”となっているのが特徴。デバイスリストで不可視となる脆弱性については現時点ではまだ対策がなされておらず、他のマルウェアで利用される可能性もあるとして注意を喚起している。

 なお現時点での対応策としては、McAfee Mobile Innovations(MMI)アプリの最新版(英語版のみ)で隠しアプリの検出と停止/削除を行うことが可能だ、としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう