ニュース
» 2013年08月27日 13時35分 UPDATE

アスク、PCレスでの録画もできるHDMIキャプチャーユニット「AVT-C875」

アスクは、AVerMedia TECHNOLOGIES製となるHDMI入力対応のポータブルキャプチャーユニット「AVT-C875」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 アスクは8月27日、台湾AVerMedia TECHNOLOGIES製となるHDMI入力対応のポータブルキャプチャーユニット「AVT-C875」の取り扱いを発表、8月下旬に発売する。価格はオープン、予想実売価格は2万円台前半の見込みだ。

photophoto AVT-C875

 AVT-C875は、HDMIおよびコンポーネント入力に対応したキャプチャーデバイスで、最大1080p/30fpsでの録画に対応。USB 2.0外付け型のPC用キャプチャーデバイスとして利用できるほか、PCレスで単体録画を行うこともできる(録画データはSDHCカードに保存可能、Class10カード推奨)。H.264ハードウェアエンコーダを内蔵、動画はTS/mp4形式で保存できる。

 HDMIバススルー出力も装備。PCとの接続時には、タイムシフト録画機能にも対応した専用ソフト「RECentral」が利用可能で、ニコニコ動画やUstream、TwitchTVのライブ配信も行える。本体サイズは131(幅)×70(奥行き)×22(高さ)ミリ、重量は約117グラム。対応OSはWindows 7/8だ。

関連キーワード

HDMI | 録画 | アスク | 動画 | MPEG-4 | SDHC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.