ニュース
» 2013年09月03日 12時28分 UPDATE

レノボ、新デザイン筐体を採用したXeon E3対応のエントリーWS「ThinkStation E32」

レノボ・ジャパンは、最新のXeonプロセッサ搭載に対応したエントリーWS「ThinkStation E32」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは9月3日、最新のXeonプロセッサ搭載に対応したエントリーWS「ThinkStation E32」シリーズを発表、9月3日より法人向けモデルの販売を開始する。ラインアップはミニタワー型モデルの「ThinkStation E32 Tower」、およびスリム筐体採用の「ThinkStation E32 SFF」を用意。ともに価格は13万1250円から(税込み)。

photophoto ThinkStation E32 Tower(左)、ThinkStation E32 SFF(右)

 ThinkStation E32シリーズは、第4世代CoreプロセッサおよびXeon E3-1200 v3ファミリーの搭載に対応したデスクトップワークステーション。排熱性と静音性に優れた筐体を採用するほか、メンテナンス性にも配慮した設計でツールレスでの開閉が可能となっている。

 ミニタワー型/スリム型モデルともに、メモリはDDR3メモリ(ECC/non ECC)を最大32Gバイト、HDDは最大2基搭載可能。またミニタワー型モデルのThinkStation E32 Towerは、グラフィックスカードとしてQuadro K2000/2000Dなどの装着もサポートしている(Quadro K4000にも個別で対応)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.