ニュース
» 2013年09月04日 12時28分 UPDATE

バッファロー、法人向けNAS「テラステーション3000」シリーズに2ドライブ構成のエントリーモデルを追加

バッファローは、RAID-0/1に対応した2ドライブ構成の法人向けNAS「TS3200D」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 バッファローは9月4日、2ドライブ構成の法人向けNAS「TS3200D」シリーズを発表、9月下旬より順次販売を開始する。価格は2Tバイト(1Tバイト×2基)モデルが6万6780円、4Tバイト(2Tバイト×2基)モデルが9万4500円(ともに税込み)。

photophoto

 TS3200Dシリーズは、キューブ型筐体を採用した法人向けNASで、内蔵ドライブを2基としたエントリークラスモデル。RAIDレベルはRAID-0/1をサポートした。バックアップ機能として、2台の“テラステーション”シリーズに同時にデータ保存を行なう「レプリケーション」機能のほか、USB2.0接続の外付けHDDに定期的バックアップを行なう「スケジュールバックアップ」や、クラウドストレージに保存する「オンラインストレージ連携」機能なども利用できる。

 またIPカメラとにも対応。1台分のライセンスが付属しているほか、オプション追加により最大5台のカメラ録画を行なえる。本体サイズは170(幅)230(奥行き)×170(高さ)ミリ、重量は約4.5キロ。

関連キーワード

バッファロー | 法人ビジネス | NAS | RAID | TeraStation


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう