ニュース
» 2013年09月04日 12時50分 UPDATE

バッファロー、ウイルス対策ソフト導入済みのUSB 3.0対応USBメモリ

バッファローは、USB 3.0接続に対応したUSBメモリ「RUF3-PV」シリーズを発表。パスワードロック機能を備えるほか、ウイルス自動検知機能も利用できる。

[ITmedia]

 バッファローは9月4日、USB 3.0接続に対応したUSBメモリ「RUF3-PV」シリーズを発表、9月中旬に販売を開始する。カラーバリエーションはブラック/レッドの2色を用意、ともに容量は8Gバイト/16Gバイト/32Gバイトの3タイプを用意している。価格はオープン、予想実売価格は8Gバイトモデルが3000円台後半、16Gバイトモデルが6000円台後半、32Gバイトモデルが8000円台後半の見込みだ。

photo.photo.RUF3-PVシリーズ

 RUF3-PVシリーズは、USB 3.0接続対応のUSBメモリで、リード最大70MB/sの高速転送に対応。第3者の利用を防止するパスワードロック機能を備えているほか、ウイルス対策ソフトとして「Trend Micro USB Security 2.0」を標準で導入しており、ウイルスの自動検知/隔離を行なうことが可能となっている。

 筐体は、USBコネクタが自動で格納される「オートリターン機構」を採用した。本体サイズは23(幅)×65(奥行き)×9(高さ)ミリ、重量は約12グラム。対応OSはWindows XP/Vista/7/8。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう