ニュース
» 2013年09月20日 13時11分 UPDATE

BitFenix、スタイリッシュデザインPCケース「PRODIGY」にmicroATXマザー対応モデルを追加

ディラックは、台湾BitFenix製となるmicroATXマザー対応PCケース「PRODIGY-M」シリーズの取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 ディラックは9月20日、台湾BitFenix製となるmicroATXマザー対応PCケース「PRODIGY-M」シリーズを発表、9月25日に販売を開始する。カラーバリエーションはブラック/ホワイトの2モデルを用意。価格はオープン、予想実売価格はともに1万3000円前後だ(税込み)。

photophotophoto PRODIGY-Mシリーズ

 同社製のMini-ITXマザー対応PCケース「PRODIGY」のデザインを踏襲しつつ、microATXマザーボードに対応したモデル。外観やサイズはそのままだが内部レイアウトは完全に刷新しており、マザーボードは倒立配置構造を採用、さらに電源ユニットを前側に縦置きとすることで内部スペースを効率化し拡張性を高めているのが特徴だ。

 ドライブベイは5インチ×1、3.5インチシャドー×4(うち2基は底面ファンと排他)、2.5インチシャドー×5を利用可能だ。グラフィックスカードは2基まで(カードスペースは最長320ミリ)の搭載に対応。また簡易水冷キットも装着可能となっている。

 冷却ファンは標準で背面に12センチ角ファン×1、底面12センチ角ファン×1を装備。さらに天板に12センチ角ファン2基を増設できる。前面インタフェース(側面側に装備)はUSB 3.0×2、オーディオ入出力を利用可能だ。本体サイズは250(幅)×359(奥行き)×404(高さ)ミリ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう