ニュース
» 2013年09月27日 13時24分 UPDATE

サードウェーブデジノス、IvyBridge-E+Quadro搭載のクリエイター向けPC

サードウェーブデジノスは、クリエイター向けPC「Raytrek」シリーズのラインアップに、Quadro搭載の高機能モデル「Raytrek Quadro K」シリーズを追加した。

[ITmedia]
photo Raytrek Quadro Kシリーズ

 サードウェーブデジノスは9月27日、クリエイター向けPC「Raytrek」シリーズのラインアップに、Quadro搭載の高機能モデル「Raytrek Quadro K」シリーズを追加、本日より販売を開始した。

 Raytrek Quadro Kシリーズは、CPUとしてCore i7-3930K/同 4960Xの搭載に対応したクリエイター向けのデスクトップPCで、グラフィックスカードとしてQuadro Kシリーズを標準で装備。BTOカスタマイズによりメモリは最大64Gバイトまで増設可能となっている。

 構成により多数のラインアップを取り揃えているのも特徴で、Quadro K2000搭載/64Gバイトメモリを装備した「Rayterek 64GB」、Quadro K4000搭載の「Raytrek LC-e K4000Pro」、Quadro K5000搭載の「Raytrek LC-e K5000Pro」なども用意した。OSは標準でWindows 7 Professional 64ビット版を導入している(Windows 8 Proも選択可能)。

 代表的モデルの価格は、Raytrek 64GBが29万9980円から、Raytrek LC-e K4000Proが28万9980円から、Raytrek LC-e K5000Proが40万9980円から(いずれも税込み)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう