ニュース
» 2013年09月30日 15時01分 UPDATE

マウスコンピューター、IvyBridge-E搭載の映像編集向けハイスペックPC

マウスコンピューターは、同社製デスクトップPC「MDV ADVANCE」シリーズのラインアップにIvyBridge-E+Quadro搭載モデル搭載モデルを追加した。

[ITmedia]
photo.MDV ADVANCE QXシリーズ

 マウスコンピューターは9月30日、同社製デスクトップPC「MDV ADVANCE」シリーズのラインアップにIvyBridge-E+Quadroを搭載した「MDV ADVANCE QX」シリーズを追加、本日より販売を開始する。

 MDV ADVANCE QXシリーズは、ミドルタワー型筐体を採用するハイスペック構成のデスクトップPCで、最新の6コアCPUとなるCore i7-4930K(3.4GHz)/同 4960X(3.6GHz)を搭載した。構成に応じて計5モデルを用意、OSは下位2モデルがWindows 7 Home Premium 64ビット版を、上位3モデルがWindows 7 Professional 64ビット版を導入している。

 Core i7-4930K搭載モデルとしては、16Gバイトメモリ/1TバイトHDD/Quadro K600搭載の「MDV-QX9310SL6-WS」、16Gバイトメモリ/2TバイトHDD/Quadro 2000D搭載の「MDV-QX9310SM2-WS」、32Gバイトメモリ/256GバイトSSD+2TバイトHDD/Quadro K4000搭載の「MDV-QX9310XH4-WS」、32Gバイトメモリ/256GバイトSSD+2TバイトHDD/Quadro K5000搭載の「MDV-QX9310XH5-WS」の4モデルを用意した。標準構成価格はそれぞれ17万8500円/21万6720円/30万8700円/44万4780円だ(税込み、以下同様)。

 Core i7-4960X搭載の最上位モデルは、64Gバイトメモリ/512GバイトSSD×2(RAID-0)+2TバイトHDD/Quadro K5000搭載の「MDV-QX9310XH5RF-WS」の1モデルをエントリーした。標準構成価格は56万7000円。

top_features1_icon_2_1379074020.jpg

mouse computer station
5GHzの衝撃!! AMDファン待望のモンスター級ゲーミングPC「MASTERPIECE a1500BA1」が登場! こだわり派のあなたへ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう