ニュース
» 2013年09月30日 14時00分 UPDATE

タブレットへの給電も可能に:ソニー、SDカード/USBストレージなどを“Wi-Fi化”するワイヤレスサーバに新モデル

ソニーはSDメモリーカードやUSBメモリを無線LAN接続可能にするポータブルワイヤレスサーバ「WG-C20」を発売する。同社のスマートフォン「Xperia」シリーズをイメージしたスタイリッシュなデザインを採用し、給電機能やバッテリー容量も強化した。

[池田憲弘,ITmedia]
photo ポータブルワイヤレスサーバ「WG-C20」

 ソニーは9月30日、SDメモリーカードやUSBメモリを無線LAN接続可能にするポータブルワイヤレスサーバ「WG-C20」を発表した。2013年10月25日に発売する。価格はオープンで、想定実売価格は1万円前後。

 本製品はSDメモリーカード対応スロットやUSB端子(Standard A)を備えた小型デバイスで、IEEE802.11b/g/n接続機能を搭載するサーバだ。同社が2013年4月末に発売した「WG-C10」の後継機種となる。PCやスマートフォン/タブレットから無線でSDメモリーカードやUSBメモリ内のデータにアクセス可能で、最大8台までの同時接続も行える。

 新モデルではボディを薄くし、同社製スマートフォン「Xperia」シリーズのようなデザインを採用。カラーバリエーションもホワイト、ブラック、パープルの3色となった。内蔵バッテリーの容量も2210ミリアンペアアワーから3000ミリアンペアアワー(3.7ボルト)に強化した。また、無線LANをオフにして給電に特化する給電専用モードも新たに搭載。1.5アンペアの給電に対応し、タブレットの充電も可能となった。

photophoto カラーバリエーションは3色。同社製スマートフォン「Xperia」シリーズをほうふつとさせるデザインを採用した(写真=左)。NFCにも対応。背面上部にタッチポイントがある(写真=右)

 専用アプリも改良した。ファイルごとのアクセス権限設定に対応し、NFC接続でアプリが起動(無線LANの接続も)するようになったほか、DLNA対応機器でのコンテンツ再生や、nasneで録画した番組を持ち出す「おでかけ転送」機能も利用できるようになった(著作権保護対応のSeeQvault SDメモリーカードと専用Androidアプリ「おでかけ転送 for WG series」が必要)。

 本体サイズは70.9(幅)×143.4(奥行き)×8.9(厚さ)ミリで、重量は約130グラム。無線LAN接続時のバッテリー動作時間は約10時間としている。対応OSはWindows XP(SP3以降)/Vista(SP2以降)/7(SP1以降)/8、Mac OS X 10.6以降、アプリケーションはAndroid 4.0.3〜4.3および、iOS 6.0以降(7.0.2にも対応予定)に対応する。

photophoto ボディの薄型化も主な改良点だ。フルサイズのUSBポートも備え(写真=左)、側面にSDカードスロットを配置する(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.