ニュース
» 2013年10月01日 11時25分 UPDATE

レノボ、スタイリッシュ筐体を採用した21.5型液晶搭載の一体型デスクトップ

レノボ・ジャパンは、タッチパネル操作対応の21.5型液晶ディスプレイを内蔵した一体型デスクトップPC「ThinkCentre E93z All-In-One」を発表。前モデル比で25%の薄型化を実現した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは10月1日、タッチパネル操作対応の21.5型液晶ディスプレイを内蔵した一体型デスクトップPC「ThinkCentre E93z All-In-One」を発表、同社直販「レノボ・ショッピング」限定で10月4日より販売を開始する。直販構成価格は16万8000円から(税込み)。

photophotophoto ThinkCentre E93z All-In-One

 ThinkCentre E93z All-In-Oneは、10点マルチタッチ操作に対応した21.5型フルHD液晶ディスプレイを内蔵する一体型のデスクトップPCで、OSとしてWindows 8を導入。従来モデルの「E92z」比で約25%薄型化したデザイン筐体を採用したほか、スタンド部には画面の高さや角度を自在に変更できる「UltraFlexスタンド」が用いられているのが特徴だ。

 CPUはCore i5-4430S(2.7GHz)/同 i7-4770S(3.1GHz)の搭載に対応。メモリは4Gバイト/8Gバイト、ストレージは1TバイトHDDまたは180GバイトSSD、光学ドライブはBlu-ray Discドライブを内蔵している。

 グラフィックス機能はGeForce 720Aをオンボードで装備。ほか、IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、ギガビット対応有線LAN、HDMI出力なども備えている。本体サイズは534(幅)×276(奥行き)×482(高さ)ミリ、重量は10.6キロ(最大構成時)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.