ニュース
» 2013年10月02日 15時03分 UPDATE

イメーション、AES暗号化機能も備えた“Windows To Go”対応USBメモリ

イメーションは、ハードウェア暗号化機能を標準装備したUSB 3.0対応USBメモリ「IronKey Workspace W500」シリーズを発売する。

[ITmedia]
photo IronKey Workspace W500

 イメーションは10月2日、ハードウェア暗号化機能を標準装備したUSB 3.0対応USBメモリ「IronKey Workspace W500」シリーズを発表、10月4日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は32Gバイトモデルが1万7300円、64Gバイトモデルが2万5000円、128Gバイトモデルが4万3300円(いずれも税込み)。

 “Windows To Go”への対応をうたったUSB 3.0対応USBメモリ「W300」の上位モデルで、新たにAES256ビットのハードウェア暗号化機能を搭載しセキュリティを強化した。また防水/防塵仕様の金属筐体を採用しているのも特徴で、防水はMIL-STD-810Fに準拠した。

 転送速度はリード最大400Mバイト/秒、ライト最大316Mバイト/秒だ。本体サイズは21(幅)×82(奥行き)×9(高さ)ミリ、重量は32グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.