ニュース
» 2013年10月11日 11時03分 UPDATE

Sapphire、3連ファン搭載モデルなどRadeon R9 280X採用グラフィックスカード3製品を発表

アスクは、Sapphire Technology製となるRadeon R9 280X採用グラフィックスカード計3モデルの取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 アスクは10月11日、Sapphire Technology製となるRadeon R9 280X採用グラフィックスカード計3モデル「TOXIC R9 280X 3G GDDR5」「VAPOR-X R9 280X 3G GDDR5」「R9 280X 3G GDDR5」の取り扱いを発表、10月下旬に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ4万円台後半/4万円台半ば/4万円台前半の見込み。

photophotophoto TOXIC R9 280X 3G GDDR5(左)、VAPOR-X R9 280X 3G GDDR5(中)、R9 280X 3G GDDR5(右)

 3製品はいずれもGPUとしてRadeon R9 280Xを搭載したPCI Express 3.0 x16接続対応のグラフィックスカード。それぞれ異なるGPUクーラーを搭載しているのが特徴で、TOXIC R9 280X 3G GDDR5は10センチ径ファンを3基備えた“Tri-X”を、VAPOR-X R9 280X 3G GDDR5はデュアルファンとベイパーチャンバーを組み合わせた“VAPOR-X”を、R9 280X 3G GDDR5はデュアルファンを備える“DUAL-X”を装備している。メモリはいずれもGDDR5 3Gバイトを内蔵した。

 TOXIC R9 280X 3G GDDR5は、動作周波数をベースコア1100MHz(ブースト1150MHz)/メモリ6400MHzとしたオーバークロックモデル。補助電源は8ピン×2を使用、インタフェースはDVI×2、HDMI×1、Mini DisplayPort×2を備える。

 VAPOR-X R9 280X 3G GDDR5、動作周波数をベースコア950MHz(ブースト1070MHz)/メモリ6200MHzとしたオーバークロックモデル。補助電源は8ピン×2を使用、インタフェースはDVI×2、HDMI×1、DisplayPort×1を備えている。

 R9 280X 3G GDDR5は、ベースコア870MHz(ブースト1020MHz)/メモリ6000MHzで動作。補助電源は8ピン+6ピンを使用、インタフェースはDVI×2、HDMI×1、DisplayPort×1となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう