ニュース
» 2013年10月16日 13時30分 UPDATE

2013年PC秋冬モデル:スリムボディに第4世代Coreを搭載したビジネスモバイルの新鋭機――「ThinkPad X240」

12.5型ワイドの「ThinkPad X240」は、厚さ約20ミリの薄型ボディにHaswell世代のCore i7/Core i5を搭載し、長時間駆動を実現したビジネスモバイルの新モデルだ。

[ITmedia]
og_x240_001.jpg 「ThinkPad X240」

 ThinkPad Xシリーズのラインアップに、12.5型ワイド液晶ディスプレイを搭載する「ThinkPad X240」が加わった。夏モデルで登場した「ThinkPad 240s」と同じ性格のビジネスモバイル機だが、厚さ約20ミリの薄型ボディに第4世代Coreを搭載し、省電力化・長時間駆動を実現するとともに、内蔵3セル+着脱6セルのバッテリー構成やDockにも対応するなど、よりビジネスシーンへの対応力を向上しているのがトピックだ。

 主なBTOメニューは、CPUにvPro対応Core i7/Core i5、最大8Gバイトメモリ、最大1TバイトHDD/512GバイトSSDのストレージなどで、グラフィックスはCPU内蔵のHD Graphics 4600を利用する仕様。12.5型ワイドの液晶ディスプレイは、1366×768ドットのノングレアパネルのほか、1920×1080ドットの高解像度パネルや、IPS方式の広視野角パネル、タッチ入力に対応したオプションなども選択できる。なお、フルHDのオプションは2013年末から2014年初頭に提供される予定。

 インタフェースはUSB 3.0×2(うち1つはパワーオフ充電対応)、Mini DisplayPort出力(オーディオ付き)、アナログRGB出力など、オフィスワークに必要な端子をそろえ、ネットワーク機能としてギガビットLANのほか、802.11a/b/g/n/ac対応の無線LANや、Bluetooth 4.0、4in1メディアカードリーダー、キーボードバックライト、NFC、スマートカードリーダー、内蔵Webカメラ、ThinkPad Dockコネクタなどの有無も選択できる。本体重量は約1.4キロだ(3+3セルバッテリー仕様の場合)。

 価格は14万5000円前後から。2013年10月16日より法人向けモデル、10月下旬より直販サイト「レノボ・ショッピング」で販売を開始する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.