ニュース
» 2013年10月16日 13時30分 UPDATE

2013年PC秋冬モデル:企業向けの14型/15型メインストリームノート――「ThinkPad L440/L540」

コストパフォーマンスに優れた法人向け14型/15型ノートPC「ThinkPad L440/L540」は、テンキー付きモデルも加わった。

[ITmedia]

 法人向けノートPCのメインストリームを担う「ThinkPad L440/L540」は、14型ワイド液晶を搭載する「L440」と15型ワイドの「L540」という2つのラインで展開している。秋冬モデルでは、vPro対応の第4世代Coreや、15型モデルでテンキー付きキーボードを採用したのが目を引く。

og_l440-540_001.jpgog_l440-540_002.jpg ThinkPad L440(写真=左)とThinkPad L540(写真=右)

 基本的なハードウェア構成(BTO)は、L440とL540でほぼ共通化されており、CPUが第4世代CoreのCore i3/i5/i7、最大16Gバイトメモリ、最大1TバイトHDDおよび最大512GバイトSSD、DVD-RW/DVD-ROMとなっているが、L540の液晶ディスプレイは最大1920×1080ドットまで選択できる(L440は最大1600×900ドットまで)ほか、ThinkPad L440はGeForce GT 720Mのオプションがあるなど(標準ではCPU内蔵のHD Graphics 4600)、一部仕様が異なる。

 インタフェースはともに、4in1メモリカードスロット、USB 3.0×1(パワーオフ充電機能付き)、USB 2.0×3、Mini DisplayPort出力、アナログRGB出力、ギガビットLAN、スマートカードリーダー、ExpressCard /54×1など。720pの内蔵Webカメラや、NFC、ThinkPad Dockコネクタもオプションで追加できる。

 本体サイズはL440が344(幅)×239(奥行き)×31(厚さ)ミリ、重量は約2.25キロ(HDディスプレイ搭載時)、L540が377(幅)×247(奥行き)×31(厚さ)ミリ、重量は約2.58キロ(HDディスプレイ搭載時)。価格はL540が8万6000円前後からで、10月16日より法人向けに販売を開始する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.