ニュース
» 2013年10月17日 11時57分 UPDATE

ASUS、狭額縁デザイン筐体を採用した21.5型ワイド液晶「VX229H」など2製品

ASUSTeKは、フルHD表示に対応した21.5型ワイド液晶ディスプレイ計2製品「VX229H」「VS229H-J」の販売を開始する。

[ITmedia]

 ASUSTeKは10月17日、21.5型ワイドフルHD液晶ディスプレイ計2製品「VX229H」「VS229H-J」を発表、10月19日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格はVX229Hが1万9800円前後、VS229H-Jが1万7800円前後。

photophoto VX229H(左)、VS229H-J(右)

 2製品はともに1920×1080ドット表示に対応した21.5型ワイド液晶ディスプレイで、VX229HはAH-IPSパネルを、VS229H-JはIPSパネルを採用した。またVX229Hはスリムな狭額縁デザイン筐体を採用、ベゼル幅は約0.8ミリとなっている。

 表示スペックは、応答速度(中間階調域)5ms、最大輝度250カンデラ/平方メートル、コントラスト比1000:1(ACR ON時でVX229Hは8000万:1、VS229H-Jは5000万:1)だ。入力インタフェースは、VX229HがHDMI×2、アナログD-Sub×1の3系統。「VS229H-JがDVI×1、HDMI×1、アナログD-Sub×1の3系統を備えた。

関連キーワード

ASUS | IPS方式 | ディスプレイ | フルHD | HDMI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう