ニュース
» 2013年10月21日 13時07分 UPDATE

センチュリー、RAID対応外付けHDDケース「裸族の二世帯住宅」に限定カラーモデルを追加

センチュリーは、同社製の外付けHDDケース「裸族の二世帯住宅 USB3.0&eSATA SATA6G」のカラーバリエーションモデルを発表。ユニットコムとのコラボレーションモデルとなる限定製品だ。

[ITmedia]
photo CRNS35EU3S6G-UNIRD

 センチュリーはこのほど、USB 3.0接続対応の外付けHDDケース「裸族の二世帯住宅 USB3.0&eSATA SATA6G UNITCOM × CENTURY」(型番:CRNS35EU3S6G-UNIRD)の販売を開始した。価格はオープン、予想実売価格は1万5800円だ(税込み)。

 同社製の外付けHDDケース「裸族の二世帯住宅 USB3.0&eSATA SATA6G」のカラーバリエーションモデル。ユニットコムとの共同開発による限定モデルで、フロントドアをメタリックレッド仕上げとしているのが特徴だ。

 本体仕様は従来モデルに準じ、接続インタフェースはUSB 3.0/eSATAに両対応。HDDは3.5インチSATA HDD(SATA6Gb/s対応)を2基内蔵可能で、RAID-0/1およびコンバイン構成も選択できる。冷却ファンは7センチ角ファンを内蔵。本体サイズは130(幅)×210(奥行き)×115(高さ)ミリ重量は約1.9キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.