ニュース
» 2013年10月22日 14時54分 UPDATE

Sharkoon、拡張性を重視した廉価ミニタワーケース「MA」シリーズ4製品

ディラックは、独Sharkoon製となるミニタワー型PCケース「MA」シリーズの取り扱いを発表。デザインの異なる計4製品をラインアップしている。

[ITmedia]

 ディラックは10月22日、独Sharkoon製となるミニタワー型PCケース「MA」シリーズの取り扱いを発表、10月29日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は「SHA-MA-M1000」「SHA-MA-I1000」「SHA-MA-A1000」の3モデルが5500円前後、「SHA-MA-W1000」が6000円前後(いずれも税込み)。

photophotophotophoto 左から順にSHA-MA-M1000、SHA-MA-I1000、SHA-MA-A1000、SHA-MA-W1000

 4製品はいずれもmicroATXマザーボードの装着に対応したミニタワー型のPCケース。エントリークラス製品ながらも拡張性を考慮した設計で、ドライブベイは5インチ×2、3.5インチ×1、2.5/3.5インチシャドー×2、2.5インチシャドー×1を装備。また5インチベイ下段側は、付属のHDDマウントキットにより2.5/3.5インチシャドーベイとしても利用できる(3.5インチ×1+2.5インチ×2、または2.5インチ×4)。

 冷却ファンは前面14センチ角ファン×1、背面12センチ角ファン×1を標準で装備した。またSHA-MA-W1000は側面パネルにアクリル窓を装備している。前面インタフェースはUSB 3.0×2、USB 2.0×2、オーディオ入出力を利用可能だ。本体サイズは185(幅)×425(奥行き)×360(高さ)ミリ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう