ニュース
» 2013年10月25日 10時38分 UPDATE

iiyama、RS-232C接続にも対応した業務用19型タッチパネル液晶

マウスコンピューターは、業務用となるタッチパネル操作対応の19型液晶ディスプレイ「ProLite T1931SR-2」を発売する。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは10月25日、業務用となるタッチパネル操作対応の19型液晶ディスプレイ「ProLite T1931SR-2」シリーズを発表、10月28日に販売を開始する。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2タイプを用意。価格はオープン、同社直営楽天サイト販売価格は10万9800円だ(税込み)。

photophotophoto ProLite T1931SR-B2/同-W2

 ProLite T1931SR-2は、1280×1024ドット(SXGA)表示に対応した業務用の19型タッチパネル液晶ディスプレイ。5線式抵抗膜方式のタッチパネルを採用しており、タッチ通信用インタフェースはUSBのほかRS-232C接続もサポートした。タッチパネル用ドライバの対応OSはWindows XP/Vista、Mac OS Xだ(Windows 7は標準ドライバで対応、Windows 8タッチは非対応となる)。

 ベゼル前面はIP54準拠の防塵/防滴に対応。スタンドは前後角度を柔軟に調節可能で、マイナス5度〜90度の範囲で角度を変更できる。映像接続インタフェースはDVI/アナログD-Subの2系統を搭載した。出力1ワット×2のステレオスピーカーを内蔵、本体サイズは432(幅)× 219(奥行き)×391(高さ)ミリ、重量は6.3キロ。

top_features1_icon_2_1379074020.jpg

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
5GHzの衝撃!! AMDファン待望のモンスター級ゲーミングPC「MASTERPIECE a1500BA1」が登場! こだわり派のあなたへ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう