ニュース
» 2013年11月18日 10時11分 UPDATE

Windows 8.1向け3Dオブジェクト作成・出力アプリ「3D Builder」が米国で公開

Microsoftが、レンダリングの知識がなくても3DオブジェクトをプリントアウトできるWindows 8.1アプリ「3D Builder」を米国で公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月15日(現地時間)、Windows 8.1向けの3Dオブジェクト作成・出力アプリ「3D Builder」を米国のWindows Storeで無料で公開した。

 3d 1

 3D Builderには多数のサンプルオブジェクトが用意されており、レンダリングの知識がなくてもこうしたサンプルをアレンジすることで対応する3Dプリンタで出力できる。Windows 8.1は3Dプリントにネイティブで対応しているので、3D Builderから直接3Dプリンタに出力できる。

 3d 2 ライブラリに並ぶサンプルオブジェクト
 3d 3 編集画面

 一般ユーザー向け3DプリンタメーカーのMakerBot、3D Systems、TierTimeがホリデーシーズンまでに3D Builderをサポートするという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう