ニュース
» 2013年11月21日 14時06分 UPDATE

エプソン、実売4万円のエントリービジネスプロジェクター「EB-S03」

エプソンは、SVGA表示に対応したスタンダードクラスのビジネスプロジェクター「EB-S03」を発表した。

[ITmedia]
photo EB-S03

 エプソンは11月21日、スタンダードクラスモデルとなるビジネスプロジェクター「EB-S03」を発表、2014年1月初旬に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は4万円前後だ。

 EB-S03は、800×600ピクセル(SVGA)表示に対応した3LCD方式を採用するビジネスプロジェクターで、表示スペックは明るさ2600ルーメン、コントラスト比1万:1を実現している。ゆがみ補正機能として、縦方向の自動台形ゆがみ補正のほか、手動での「スライド式ヨコ台形補正機能」も備えた。

 また、オプションの無線LANユニット「ELPAP07」(価格:1万円)を装着することで、PCおよびスマートデバイスとのワイヤレス接続も行なえる。

 映像入力はHDMI、アナログD-Sub、コンポジット/Sビデオ入力を備えたほか、ストレージ接続用のUSBポートも搭載した。本体サイズは297(幅)×234(奥行き)×77(高さ)ミリ、重量は2.4キロ。


 このほか、明るさ3000〜3700ルーメンを実現したビジネスプロジェクター4製品「EB-935W」「EB-965」「EB-950W」「EB-940」、書画カメラ付きプロジェクター「EB-950WV」、およびHDMI対応書画カメラ「ELPDC12」の6製品を発表した。

photophotophoto
photophotophoto EB-935W(左上)、EB-965(上)、EB-950W(右上)、EB-940(左下)、EB-950WV(下)、ELPDC12(右下)

 EB-935W、EB-965、EB-950W、EB-940の4製品は、いずれも3LCD方式を採用したビジネスプロジェクターで、明るい教室やオフィスなどでも投写画面をはっきり見える高輝度表示に対応。表示解像度はEB-935W/EB-950Wが1280×800ピクセル(WXGA)、EB-965/EB-940が1024×768ピクセル(XGA)をサポートした。また、EB-965/EB-950W/EB-940の3製品は、PCおよびスマートフォン/タブレット端末を同時に最大50台接続し、その中の1台の画面を切り替え表示できる「モデレーター機能」も利用可能だ。

 製品ラインアップと予想実売価格は以下の通り。

商品名 おもな仕様 予想実売価格 発売日
EB-935W リアルWXGA/3,700ルーメン/コントラスト2,000:1 約18万円 2013年12月4日
EB-965 リアルXGA/3,500ルーメン/コントラスト10,000:1 約16万円
EB-950W リアルWXGA/3,000ルーメン/コントラスト10,000:1 約15万円
EB-940 リアルXGA/3,000ルーメン/コントラスト10,000:1 約14万円
EB-950WV EB-950W/書画カメラ「ELPDC06」セットモデル 約19万円
ELPDC12 1/2.7型CMOSセンサー採用/フルハイビジョン対応 約6万円 2013年11月28日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.