ニュース
» 2013年11月22日 13時27分 UPDATE

東芝、シンプル設計のUSB 3.0ポータブルHDD「CANVIO BASICS」

東芝セミコンダクター&ストレージは、USB 3.0接続に対応した外付け型ポータブルHDD「CANVIO BASICS」シリーズの販売を開始する。

[ITmedia]
photo CANVIO BASICSシリーズ

 東芝セミコンダクター&ストレージは11月22日、USB 3.0接続に対応した外付け型ポータブルHDD「CANVIO BASICS」シリーズを発表、11月23日に販売を開始する。ラインアップは500Gバイト/1Tバイト/2Tバイトの3タイプを用意。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ8500円前後/1万1000円前後/2万1000円前後の見込みだ。

 CANVIO BASICSシリーズは、シンプルなデザイン筐体を採用したUSB 3.0接続対応のポータブルHDDで、PCでの利用のほかレグザ(およびレグザブルーレイ/レグザサーバー)への対応もうたわれている。本体サイズは79(幅)×118.9(奥行き)×13.5(高さ)ミリ(2Tバイトモデルは高さ21ミリ)だ。

関連キーワード

ポータブルHDD | 東芝 | USB 3.0


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.